山靴手帖

1月29日 星生崎夕駆け

今季最強の寒波が緩んだ29日、昔の山ガール2名!と星生崎に夕駆けをしました。
沓掛山ではマンサクの蕾にわずかな黄色が見え、「ホーホケキョ」と鶯のさえずりに厳冬期のはずなのに、春の気配を感じました。
気温(牧ノ戸P 正午 4℃)が上がり、山肌の雪は溶けかけて雪景色ではありませんでした。次の寒波が雪を降らせてくれることを期待します。
19時30分に下山し、気温は-8℃でした。

扇ヶ鼻付近の樹氷ロードを見上げれば(画像をクリックで拡大です)
IMGP1905ー

白い衣が欲しい星生山
IMGP1909ー

白い太陽だ!
IMGP1915-R.jpg

冬季の久住山にしてはチョットさびしいかな!
IMGP1933.jpg

星生崎下から小屋への下り、正面は天狗ヶ城
IMGP1934.jpg

岩尾根の窓
IMGP1935ー

日没近くになるも光弱く雪面が染まらず、右奥は扇ヶ鼻
IMGP1969.jpg

光芒に願い、次回は絶景を!
IMGP1981ー
スポンサーサイト
  1. 2013/01/30(水) 10:34:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1月19日 扇ヶ鼻朝駆けは!

1月18日夕方 牧ノ戸Pを過ぎて長者原に向かう途中、カーブを曲がりきると「焼ける三俣山」が飛び込んできた。

焼ける三俣山(画像をクリックで拡大)
IMGP1812-R.jpg


IMGP1808-R.jpg


IMGP1813-R.jpg


IMGP1817-R.jpg

1月19日 扇ヶ鼻の朝駆けはホワイトアウト、下りは木々の氷コーティング撮りでした。

雪中のティアラ
IMGP1883--R.jpg

春待ついのち
IMGP1864-R.jpg

雪帽子
IMGP1847-R.jpg

白サンゴの木!
IMGP1834-R.jpg



  1. 2013/01/20(日) 08:52:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1月 6日 扇ヶ鼻に朝駆け

今年の登り始めは扇ヶ鼻に朝駆けをしました。
東側の雪面に朝陽があたり、朱色に染まるのを楽しみにしていたのですが、現実は厳しいものでした。
ガスが怒涛のごとく流れる山頂では、氷点下の強風に岩陰で震えながらいるとき、一瞬 久住山と鮮やかな黎明色、そして雲海の光景がありました。
久住山や中岳に朝駆けをした人たちは、あの絶景に高揚しながらシャッターを切りまくっているに違いない。それを思うと此方は、岩陰にで震えながらガス晴れを待っているだけで三脚さもセットはしていないのだ、これは実に悲しい限りでした。
ガス晴れ後は、「くじゅうのホワイト&ブルーの世界」を楽しみました。


ガス越しの初日の出でした(画像クリックで拡大です)
IMGP1646-R.jpg

ガスの幕引きがないままに陽は昇り
IMGP1667-S.jpg

乱舞するガス(中央は久住山)
IMGP1691-R.jpg

東端でガスの流れに酔いしれる人
IMGP1707-.jpg

星生山はまるでガスの防壁だ
IMGP1717-R.jpg

幻日も飛び入り参加だ
IMGP1723-R.jpg

星生山の稜線が堪らない!
IMGP1733-R.jpg

雄姿の九重山群
IMGP1751-R.jpg

この雪原が朱色に染まる、期待しよう!
IMGP1753ー

赤川分岐
IMGP1760-R.jpg

扇ヶ鼻をバックに樹氷を
IMGP1764-R.jpg

標識のとおり
IMGP1777ー-
  1. 2013/01/04(金) 20:21:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

山靴さん

Author:山靴さん
FC2ブログへようこそ!

九重山の光景に魅せられ、写真を楽しんでいます。

平成23年12月13日開設

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (273)

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR